« TesimaTatsuyama戦争の勝者とは | Main | のっちと「たけのこ教室」 »

Aug 24, 2004

女妖怪・山本華世

この方はラジオから生まれた。なんとラブ子の先輩らしい。
が、最近は映像の方で博多弁と笑顔を振りまいている。

妖怪への第1歩を踏み出したのはテレビにて。
「わたし妊娠しちゃったーん」とレポーターを務めている番組でカミングアウト。
そこで「山本かよの妊娠日記」というコーナーが誕生し、出産までをカメラで追いかけた。そしてクライマックスの出産シーンは良くも悪くも人々の心に焼きつくものとなった。(さぁこれでネット検索してみよう)

その後、「かよ」を「華世」と改め、1種独特な自分のブランドの服を着るようになり、ショートの髪をロングにしてメッシュを入れ、そして女性特有の厚かましさも増し、メインを勤める番組やイベントも増え、妖怪はより存在感を増した。そして、「福岡のテレビで見たくない女ベスト1」や「こいつの笑顔を見ると嫌悪感が増す」ついに「若い男は山本華世の餌食」なる言葉が出てくるようになる。

先日、KBCのイベントで彼女を見た。妖怪っぷりを存分に披露しているだろうとおびえながら海岸へ足を運んでみたら、そこには人だかりができていた。の一方でテレビの画面で見るより細い彼女が、家族連れから「写真とってもいーですかー」と聞かれてにこやかにうなずき、子供達とカメラに収まっていた。いつの間にかホースを持っていた彼女が水着姿の若者2人から「華世さーん、お願いしまーす」と頼まれ、公衆の面前で彼女はためらいも無く笑顔もつけて2人のお尻の砂をホースを使っておとしていた。若者達はありがとうを言うのも忘れなかった。そこに居たのは妖怪ではなく、社交的な1タレントの山本華世だった。

家族連れにとっても、若者達にとっても、その場にいた人々にとっても山本華世と過ごしたこの一瞬は思い出になった。

で、今週山本華世をまた一目見ようと福岡ドーム付近に行った。
遅かった。見ることはできなかった。
見たのは、自衛隊上がりのタレントと、もと野球選手のおっさんと、もと全国区のアナウンサー、と女性レポーター
それだけ。家に帰ったとき、山本華世はにこやかにテレビに映っていた。まるでわたしを避けていたかのように。

余談であるが、地方でここまで知名度の高い中年女性タレントを見たことが無い。
叩かれても、嫌われてもいいから、華世は死ぬまで福岡の1タレントを全うして欲しい。


|

« TesimaTatsuyama戦争の勝者とは | Main | のっちと「たけのこ教室」 »

Comments

高子姫は?
と一言書いて去る・・・
のもあんまりなので、
先日の秋田出張、結構楽しかったですよん。
やっぱ宮崎よりは涼しかった(笑)。
川反通りのかまくらのにせものが置いてあるところでごはん食べてきました。
おみやげは「金万」(でいいのか?)。
関係ないけど、自分もココログはじめてみよっかな~・・・

Posted by: しげ@久々~ | Aug 25, 2004 at 05:36 AM

山本華世、わたしより1つ年下です。
なんでも飯塚によく出没するとの事。
(中村学園高校バスケット部の先輩後輩が多数住んでいるそうな)
ちなみに、彼女はひまわり1期生(少し説明しておくと、ひまわり号は78年から走りだしたのだが、86年までは今の会社とは別の会社が運営を担当していた。山本華世は今の会社が運営し始めた時の1期生)であるが、ひまわり号に乗る前はジープを乗り回していたとか。
若い頃から、カッ飛んでいたんだね。あの人。

Posted by: 芝池俊明 | Aug 25, 2004 at 01:38 PM

どおも。のっちです。

しげさんへ
高子姫はテレビのレギュラーは今はございませんが、
ラジオではRKBの毎週土曜日に登場しております。
内容はリスナーリクエスト番組です。
1度この番組に参加してみては如何でしょうか。

芝池さんへ
ひょっとしたら彼女の成功によって
卒業後のひまわりが多方面のメディアに
登場できるのかもしれません。先達恐るべし。

Posted by: のっち | Aug 28, 2004 at 12:36 AM

山本華世さんへ
 テレビで活躍 素晴らしい!!(?)
 ひと言 貴女に忠告したい。

 ① もっと上品な振る舞い・言動をなさい。
 ② 貴女には“中味”がない~テレビではいつも「ねえ~」     の連発で、もう色気が通用する年齢でもないのに!
    見苦しいの一語に尽きる。
 ③ 単なるタレントではなく、真に世に役立つ“女傑”として
    前進されよ!!

Posted by: | Aug 14, 2005 at 08:31 PM

地方で人気ある中年タレントですけど、名古屋だったら名古屋の2大スター(つボイノリオ、宮地佑紀生)の一人、宮地佑紀生さんと月~金で早朝に「どですか」という生放送をしている矢野きよ美さんや、元CBCの局アナでテレビ、ラジオに出まくっている平野裕加里さんがいますよ。
矢野さんに関してはテレビにしろ、ラジオにしろ、公開放送すればかなりの人が寄ってきますね。元モデルで東京でも一時期、レギュラー番組を持っていた事もあります。

名古屋はつボイノリオ、兵藤ゆき、森本レオ、あべ静江、最近では青木さやか、スピードワゴンのように、東京進出するローカルタレントが多いんですけど、最近は青木さんのように
地元ではさっぱりだったタレントが売れて、つボイさんのように向こうで「オールナイトニッポン」の一部、二部両方ともまかされたような売れっ子になっても、色々あって地元に戻られた方もいますね。
名古屋ローカルタレントのかわいそうなとこは、東京、大阪から新幹線で2時間以内でつく場所に名古屋があるだけに、東京や大阪のタレントに番組を取られてしまいがちなとこでしょう。だから、なかなか若い地元タレントが育たず、結果的に東京へ行かないとという駄目という雰囲気が出ています。
福岡のローカルタレントは報酬は確かに東京や大阪よりかなり低いでしょうけど、他との競合が緩いだけに顔ぶれの変化が殆ど無いように思えます。

Posted by: YYB | Aug 20, 2005 at 11:44 AM

The comments to this entry are closed.

« TesimaTatsuyama戦争の勝者とは | Main | のっちと「たけのこ教室」 »