Jun 27, 2004

芸歴14年~横山雄二~

「え?こんな貧相なアナに人気があるの?」

たしかKBCの沢田幸二にもそんな印象を持った。と言っても彼はラジオの人。顔が出なくともトークで人気を博した。
今回取り上げる横山雄二もそんなところで出発したと思われるが、幸いか不幸か彼はテレビの人にもなった。朝の情報番組では広島の情報を伝えるアナウンサーという役どころで全国のお茶の間に出てたはず。

「あー、一介の局アナね。」多分あなた方は「KEN-JIN」を知らないんですね。わたしも一度も見たことが無いんですが、そんなあなた方、ここを見てくださいよ。ここ。多分これを見たらあなた方はこう思うでしょう。
「ほんとに横山雄二は局アナなんですか~!」
ですよ。ここに説明されているじゃない!

でも、やっぱり局アナじゃないかもしれない。他局のアナウンサーと一緒にバレーボールの宣伝を行い、自分の番組でタレントを堂々といじり、宣伝と称して福岡に舞い戻ってプロモしてたり、ついに今月悪夢の「うたばん」で全国登場。

「あー、テレビに出たいから安定した身分の局アナになったんですよ。芸人みたいな危険なことしたくないし」

けどお前のやってることはまんま芸人やん。
一方で、おとなしい横山というのも存在している。広島の朝の「平成ラヂオバラエティ ごぜん様さま」での火曜と木曜。先輩女子アナである「永遠の28歳」(けど最近定年退職してフリーになった)とのコンビのため、必然的に彼は悪行を忘れ、大人しく、冷静に番組を進めざるを得ない。

てなわけで、この番組こそ唯一「横山雄二ってやっぱり中国放送の局アナなんだなー」と実感できる番組だと思う。

| | Comments (4)

Jun 01, 2004

またもやフォローアップ。

月が変わったので、ここらでフォローアップを。

とりあえず、4月以降の福岡のAMラジオの動向(早いけど総括)(4月21日)

森田みきに関しては一度も聴く機会がないので感想は控えます。

「5月3日におすぎに会いにいったから聞いたんやろ?」
はい。聞きました。脱線は無かったけれど、前の担当者と比べたら難なくこなしていて好感もてました。

久しぶりだね。沖繁義くん。(4月25日)

と言うわけで、ゴールデンウィークはオッキーの先輩に会って来ようかなー。

5月4日に会って来ました。と言ってもイベントででした。先輩は歌ってました。司会してました。サイン会やってました。つまり、大変でした。
もちろん、のっちは先輩バンドのCDを買ってきました。サイン入りです。まだ聞いていません。おそらく、先輩バンドの一人から冷たく接されたのが原因らしいです。

みなさん、ほんとに全国(特に福岡)に来ないんですか??

いつか先輩は消えてしまうから(5月4日)

さっきダイエー戦ラジオで聞いてたら、ロッテが打ちまくって、打ちまくって、リードされちゃったぁ。ロッテファンなら喜ぶ展開なんだけど、来月チケット勝っちゃったのー。「ダイエー対ロッテ」(福岡ドーム)

・・・誰かのっちからそのチケット奪って来い。

不幸話を流すなという意味ではないが(5月16日)

「あたし、年下から逃げられたのー。」
「ぼ、ぼくの一人と君の一人とは意味が違うんだよ」
「おじさんも一応結婚はしたけどね」の結婚失敗談。
「職業ごまかしまして集団お見合いパーティに参加しました。誰も見向きはしませんでした」
「今、やっぱり才能も身長も無いデブはもてないんだな。ということに気づきました」のもてない話。

と、これらの鍵括弧部分。誰か知りたい人は、詳細希望(できればどの発言かも)とここにコメントつけて下さい。
ただし、1名だけは、プライバシー上そのままにしておきます。

| | Comments (1)

May 06, 2004

月曜日のおすぎwith JY

ついにこの人のことを書くことになってしまった。一生書くことはないだろうし、どちらかと言えばピーコの方が好きだから、興味なく通り過ぎようと思った。

きっかけは「女性自身」の最新号。(2004年4月27日(火)発売 5月11・18日ゴールデンウィーク合併特大号)

GWテレビ局で子供と遊ぶ 全国19局タダガイド

と言う見出しに釣られて手に取ったのである。読んだ。読んだ直後その本をほおり投げて逃げようかと思った。確かにテレビ局が主催するイベント紹介なのだが、会場が明らかにそのテレビ局よりも遠く離れている、ひどいところでは1kmはあるんじゃないかと思われるところもあった。例えばFF便乗のところ、そう、おすぎがちょうど出演するところも、本来の放送場所から1kmも離れているんじゃないかと思われるところだったのだ。
けど、不思議に思ったことがある。博多どんたくならば、そのどんたくに関わっている放送局をとりあげずになぜ、どんたくに寄生しているようなところを取り上げる?おすぎだからか?山本譲二だからか?不思議がって雨の天神を横切った。

で、公開放送の会場に着く。人人、人。もちろん私は立ち見、その隣のおばちゃんは「わたしぃ~、『PAO~N』の月曜が一番好き~。おすぎさんもいいし、『おすぎのいろはがるた』が一番いいの。わたしはこんなの書けないけどぉ~」と言ってしまう始末。

「いや~、今回は人が多いですね~、何回か公開放送してますけど、今回ほどの人は初めてですよ」とメインは言った。まさにそれ。どんたく効果か、それともおすぎ効果か?おすぎはいつも以上に傍若無人に振舞う。大阪から来た立ち見の女の子達に暴言を吐きどんたくは祭りじゃないと言い切り、隣の百貨店のガラス越しから手を振った人には無視番組の休憩中にはどうどうと買い物へ。それが嫌味にならないのは彼を支えるパーソナリティ達の力もあるんではないか。彼の世間一般に受け入れられているキャラクターももちろんだが。

途中から山本譲二が出てきた。師匠との心温まらないエピソード、東京では大っぴらにできない話、オフレコ部分では「アノ芸能人のヅラ談義」をおすぎとともに語りぬく。おすぎのいろはがるたの時は、
「ケツ&モモ 『ケツは熱いうちに揉め』
「いい、これこれ!金メダル!ハワイ旅行!」
とレギュラー以上にはしゃぎまくった。この作品が優秀賞に選ばれたのは当然だった。

残念ながら彼の生歌を聴かずに帰ったが、山本譲二の生ラジオ出演を見ることができただけでも価値があることを実感した時だった。「某放送局のスタッフから『おすぎさんだぁ!』とマイク向けられたのよ。もっちろん、無視してやったわよ」とおすぎが言うのもどこか納得した。

「女性自身」も間違っていなかったのである。記事のタイトルが指摘したように間違っているところを除いては。

| | Comments (0)

Apr 19, 2004

吉野綾@元アイドル

30代以上の男性のみなさん、吉野綾ってグラビアアイドルが居たことをご存知でしょうか?
「吉野綾」でネット検索をかけたら写真集やビデオがでるかもしれません。そう、その人です。
最近彼女見てないな~と思われるかもしれません。はい。そうですね。彼女は地元に帰りましたから。

そうか、地元に帰ったんだ。結婚して子供もいて芸能界から足を洗ったんだろうな~。あー、青春ってそんなものだ。
と考えているあなたにこのページを紹介しましょう。

右の女性がそうですか?って。そうだよ。夢をぶちこわすかも知れないけど、これが今の吉野綾。これであなたの青春もぶち壊し。

最初はRKBの番組に登場していたが、2003年10月、ついにKBCも禁断の果実を手を入れてしまった。前番組ではしがないリポーターだった男をメインにおいて、その相手に吉野綾を選んでしまったのだ。無論、前番組を知っている人間にとっては「けっ、こんな番組を始めやがって、半年になれば裏の番組からつぶされるんやろ?」
裏の番組は「平成福岡の朝の男が繰り広げる安心できる番組」かたや「しがない劇作家とうるさい勘違い女の繰り広げる冷や汗だらりの番組」。半年後、どちらかの番組がつぶれるのは誰の目にも勝ち負けは明らかだった・・・・と思っていたのは福岡のラジオマニアだけだった。

これまでRKBラジオ「朝イチタックル!」「はだか一貫!弐拾貫」「いちばん出し!」など3番組15年間、朝の情報番組でお世話になりました。聴取者の皆様、本当にありがとうございました。
2004年3月16日の平成福岡の朝の男のHP上の日記より

信じられない。RKBが終了で、KBCが続行だなんて。あの番組は「チャレンジ4」だけで持っているようなものなんだ。おかしい、おかしい。そんな時、朝仕事で車に乗った時、KBCにダイヤルが合わされていたことを不思議に思った。そこで運転手さんにそのことを聞いてみた。
「あー。それね、いつもKBCになっていること多いんですよ」
RKBにダイヤルを合わせていても、わたしが居なくなるといつの間にかKBCになっている。
平成福岡の朝の男の時はRKBだったのに、なんでだろ?

その時、頭に浮かんだのは吉野綾。でしゃばりでがんがん言うけど、隣のねーちゃんの親近感と似たものをもっている。しかもその元気のよさが朝ということもあって、元気をもらっているリスナーの存在。その代表がうちの運転手さんだったのだ。マニア故の盲点だった。

で、ここにも書いたように週7勤務の吉野さんはRKBにも番組を持っている。KBCのしがない男に代わって、コンビを組むのは酸いも甘いも噛みしめてきた男達。わたしとしてはこっちの方が吉野さんに合う気がする。けどこのコンビとなると必然的に夜になっちゃうなー。夜の女。吉野綾。うーむ。

| | Comments (0)