Oct 23, 2005

萌えオーラ理論~子持ち編~

1ヶ月前の話。のっちは東京でとある女性に出会った。
いかにもむさ苦しい男性の中にヒッピーグランジスタイルの女性。
共にハンドルネームを交換して、2人は話に講じた。

アップの髪に白い肌。そして片耳に幾つかのピアスの穴。
「うちの子供がねー、うるさいんですよー」
彼女の話を聞いたとき、ふと既視感に捕らわれた。
「あ、あのう、おいくつですか?」
と彼女に聞いた。
「あー、31ですけど」

何でこんなことを聞いてしまったのか、実は福岡にいる女性を思い出してしまったからだ。福岡の彼女はのっちと同世代。東京の女性はそれよりも年上であったが、大まかな外見、醸し出すオーラは同じものだった。

福岡の彼女が来たのはのっちが入ってから2か月後。人なつっこく、社交的な彼女は自然に職場にとけ込んでいった。たまに子供をつれて来たこともあった。仕事中に私語を入れていたこともあった。まあ、それくらいなら目をつぶれるのが神経というものだ。しかし、彼女と違い、要領の得ないわたしは上役のいびりのターゲットになった。本来なら上役に向けられるはずの怒りは、福岡の彼女に向けられかけた。
というわけで、のっちはカリカリモードで過ごしていた。
結果、のっちは女を捨て文章やラジオやテレビに精神を傾けた。自分は男だと思い込む寸前まで行った。

その福岡の場合で一番印象に残ったのは
「どうして子持ちの女性ってほんわかしたオーラが漂っている人が多いのだろう」
ほんわかしたオーラの持ち主と言うの大体が乳幼児~小学校の子供さんがいる。
どうしてだろう、どうしてだろう?

「それはね、余裕が出てきたからよ。わたしがフルタイムで働いていた頃はのっちも小さかったし、仕事もそれだけきつかった時期だし。のっちの顔が早く見たかったから、家に仕事を持ち帰ったこともあったし。そのころに比べると、彼女達は余裕があるのね」
と、のっち母。

彼女達は定時を終わると仕事を済ませ早く家に帰宅する。そして、待っていた子供達と時間を過ごす。
待っていた子供達は今日の出来事を子供の言葉でしゃべり始める。子供の視点でしか感じ得ない話を聞き、そして抱きしめたり、頭をなでたりして、彼女らは癒される。

子供が居る人でそのオーラを漂わせている人は子育てが今のところ順調だというサインなのだ。とのっちは考えている。今のところ、のっちにそのオーラを漂わせようとするものはいない。

| | Comments (1)

Oct 07, 2005

ますかう

のっちは今、落ち込んでいる。

自分が引き起こした問題に対してなら、おまえのせいだろ!と一人突っ込み式自虐でなんとか乗り切れるだろう。そうでないから、ちょっとやっかい。
しかも、知人がそれに関わってたとなると、余計自分はダウンな気持ちに行き着いてしまう。

ある日。こんなFLASH(注)があることを誰かが教えてくれた。
「一度見るだけで大爆笑。だからみんなも見て見ようよ!」
見た。FLASHの中身はのっちの笑いの琴線には触れなかったが、曲には懐かしさを覚えた。

そのFLASHの中にタイトルがあった。「めざせモスクワ」
1980年のモスクワオリンピック前にドイツのポップグループ「ジンギスカン」が発表した。もちろん、オリンピックソングらしく行け行けムードは漂っている。そのオリンピックすら参加できなかった国の人間が25年後、空耳ソングとして楽しんでいる。

歌詞のドイツ語はわからないが、その行け行け感は、どんなに落ち込んだ人にも伝わる気がする。またがんばろうっ!軽々しく使ってはいけないとおもいつつも、「音楽ってすごいよな」という表現を使ってしまう。

そうだ。のっちは「めざせモスクワ」という曲名をつけた人にも感謝したい。モスクワオリンピックも過ぎた今となっては何に向かって進むかはわからないけれど、取りあえず前を目指していこうということは理解できる。

(注)このFLASHは時間帯によっては見られない場合があります。ご了承下さい。

| | Comments (0)

Oct 04, 2005

貴女の名前の由来はね~その2~

のっちの職場にダンボールがあった。青森産のリンゴが入っていた。
そこに書いてあった品種は「未希ライフ

脳内BGM~NHK大河ドラマ「いのち」メインテーマ 坂田晃一~

りんご溢るる津軽に生まれた女性未希は、戦後地元の医科大に進学し医者となる。

あー、これ見てた見てた。子供ながらによくはまってたな~。土曜に昼飯食べながら熱心に見てた。主人公未希に憧れて女医になろうかなとも思ったんだ。そこから来てるかな?んなわけないよなあ。

まさにその通りだったのでちょっと憤ってるのっちが居た。

| | Comments (0)

貴女の名の由来はね

フジテレビアナウンサー千野志麻さんが結婚するそうだ。

その話を知った時、へー、結婚するのか。仕事は続けるんだろうか?と気になってニュースを読みすすめていった。そこである事実に気付いた。

フジテレビアナウンサー 千野志麻 SHIO CHINO

え、「ちのしお」さんだったの?
「ちのしま」さんだと思ってたよ。
そんなことはねーだろ。とべつのところで検索してもやっぱり「ちのしお」さんだった。なんかショック。ショック?彼女カトリックの女子大出身だよな。というとあれか?

あなたがたは地の塩である。だが、塩に塩気がなくなれば、その塩は何によって塩味が付けられよう。もはや、何の役にも立たず、外に投げ捨てられ、人々に踏みつけられるだけである。あなたがたは世の光である。山の上にある町は、隠れることができない。また、ともし火をともして升の下に置く者はいない。燭台の上に置く。そうすれば、家の中のものすべてを照らすのである。そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい。人々が、あなたがたの立派な行いを見て、あなたがたの天の父をあがめるようになるためである。   (マタイによる福音書5章13節)

そうだ、聖書に「地の塩」って言葉があったんだ。「地の塩」それは無くてはならない大切な存在。

敬虔なカトリック教徒である千野さんちに女の子が生まれた。
そのときに、誰かがこの一節を思い浮かべた。
「娘の名前は『しお』にしましょうよ!」
潮、史緒、詩生、志麻・・・「志麻」に決めた。
そして、中学からはカトリックの学校に通い・・・

という想像をちょっとしてみた。そんなことはなく彼女の名前は「ちのしお」さんになったのは偶然の話かもしれない。けれど、名前だけでこういうストーリーが浮かぶ千野さんがちょっとうらやましい。

で、千野さんは結婚退職するそうである。しばらく主婦業に専念するらしい。
それも仕方ないよなと思う。けど表舞台に復活する時は「千野志麻」名義を使って欲しいと同い年ののっちは願っている。

| | Comments (0)

Oct 01, 2005

おしゃれ自己責任論

先週、のっちは実家に帰っていた。まあ、実家に帰ってごろごろしていた。それだけ。ではなく、福岡からもらったビデオの再編集もせっせとやっていた。

編集の中心は前にもネタにしたKBCドォーモの「見えないシリーズ」1期分。
のっちが福岡から出てってから、そう、視覚障害者の女の子が本編登場してから(つまり今年の4月からね)の分をせっせと。うんせっせと。
やっぱり見てて思う。主役の女の子可愛いなあと。ええ、可愛いなあと。
料理もおしゃれも一生懸命だ。ああ、恋人にしてえ。恋人にしてえ。とテレビの外の男子共はつぶやいた。
そんな彼女とのっちさんが同い年ってことは禁句だ。

のっちは「へーん、料理できなくてもコンビニあるしぃ、女の子らしい服装なんかしなくても生きていけるじゃん」
と、一般的な視覚を持っているが故に生活を捨てている困ったちゃんだから、もし、彼女のような状況にのっちが置かれたら?と思うと社会に顔向けできない存在になることは確かだろう。

見えないからおしゃれをしないという訳ではない。おしゃれはしないものぐさはどこにでもいる。一方でどんな困難があってもおしゃれをしたいのもどこにでもいる。

おしゃれをする。
それは自分が他人の視線を受けていることを認めているそれだけのことなのだ。
結果それだけのために莫大なお金を費やしてしまうこともあるし、
中身で勝負よ、と装いにはお金を使わないこともある。
まあ、人間は基本的には行動や外見でしか判断しませんしね。

| | Comments (0)

Sep 18, 2005

拝啓 KBC「ドォーモ」スタッフ一同様

今、知人から送ってもらった「ドォーモ」を見ております。

そういえば、あの「見えない生活」が新展開を迎えたようで。
(わたしも登場する女の子の1ファンでもあります♪)
登場する女の子が通っている学校がとうとう登場したらしいので、ふとアイディアを。

この障害者スポーツを取り上げて頂けませんか?

この学校OGにはパラリンピック銅メダリストもいらっしゃいますし、
是非、見てみたいんですよ。対決を・・・。

| | Comments (0)

九州・山口の人に見て欲しい私信

今、上司2からもらったビデオを見てます。

もちろん、成人向けでなく、ほとんどノーマルな内容です。

えーっと、この番組の特集が中心。

ほんと、惜しいです。ローカルで留まってる部分が。
傑作選でいいので、、製造元に

DVD嘆願いたしませう!

まぁこの会社は過去にこんなDVDを出してるわけだしね♪

| | Comments (2)

一部18禁服装論

金曜日、休みを取ってるはずの同僚が朝やってきた。
その姿は白地に黒ボタンのワイシャツ。紺色のネクタイに黒のスラックス。片腕に黒のジャケットをかけて。
自分の机に来て荷物を取り出し、エサを取りに行く燕のようにその場を去った。

いつもはその同僚はちょっとよれよれのワイシャツ。黒のズボンはよれよれじゃないけれど、ちょっとゆるめの顔が頼りなさを表していた。そんな同僚が一張羅のスーツ来て出陣!だったから、のっちちゃんは目がハート状態になった。

同僚さん、スーツお似合いです!いつもの顔より5倍増しで格好良く見えます!是非彼氏に!

とのっちが言ったとか言わなかったとか。

そうだ、スーツ着てなくてもネクタイとか付ければ2倍増しで格好良く見えるし、パリッとしたシャツでも結構格好良さは出てくるもの。学生時代によく聞いたなあ。「服装の乱れは心の乱れ」って。

いや、そんなことじゃない。実は誰だって野放図に自分の肌を晒した服装よりは鎧のように肉体を包んだスーツ姿の方がそそられる。その肉体が男性的、女性的であればあるほど隠すための鎧はより肉体を官能的に見せてくれるの。まあ、人は手に入りにくいものを求めるからなぁ。
ということをいつもだらしない服装ののっちちゃんから言われては説得力もないなあ。

| | Comments (4)

Sep 01, 2005

今日一番ショックだったこと

提出書類の起案を巡って上司から雷落とされたことでもなく、
「あんたむかつく」と面と向かって言われたことでもなく、
あの福岡の上司2の

「あのね、今月うちの職場にKBCラジオが取材にくるんだって♥ 」

のひとこと。

<BGM>大塚博堂「ダスティン・ホフマンになれなかったよ」

追伸
つい先ほど、上司2から連絡が入りましてKBCテレビの方が正しかった模様です。
番組名と取材内容は・・・内緒。

| | Comments (2)

Aug 16, 2005

東北の地震の向こうに

のっちは同僚と一緒にテーブルに座っていた。いきなり彼はテレビをつけた。

テレビの向こうには揺れる報道センター。関東近辺の震度を表した図も映る。
また、いつもの千葉県沖の地震じゃないかよ。

「・・・・・・宮城の方では震度6弱を感じた。という情報も入っています」

のっちは別のチャンネルに変えた。その時、何事があったのかも知らず、もう一人の同僚が部屋にやってきた。
状況を把握しきれてない彼にのっちはテレビの文字を指し示した。

「速報 宮城で震度6弱」

宮城出身の彼はいつもの笑顔を崩さなかった。しかし、携帯を取り出し連絡を取ろうとしていた。その間、彼は呟いた。
「あー、宮城に帰ろうかな」
冗談っぽいしゃべりだったが、本心からだろう。

まだ、地震の状況がわかるはずはない。
テレビもスタジオばかりを映し、外の様子は何もほとんどわからない。

ただ一つわかっていることは、東北ののっちの実家への電話が繋がらないことだ。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧