Nov 14, 2010

さようならを言う日が来たのか

ここのブログを半分忘れかけていた。
いや、本当はもうずっと書かないでいるだろうと思った。
ローカルネタを忘れ、福岡ネタも忘れ、やれ鉄道やらサッカーやら手芸やらで行くと思った。

2ヶ月ほど前、KBCのアサデス。から一人の男が画面から消えた。

彼は人の良さそうな顔をしていた。
向上心もちらりと見せていた。

消えた理由は福岡市長選挙に出るためらしい。
そう言えばそうだったな、初老の女子地方アナが忽然とレギュラー番組から消えたって
数年前の衆院選だか参院選だかで聞いたぞ。
まさかな、彼がまさかな。と思ったら、そのまさかだった。

おいお前考え直せ、30代だろ、まだお前早いんじゃねえか!
つーかなんで先輩のあいつとか他局のこいつじゃねえんだよ!!
と静岡で頭を抱えていた。
ま、静岡県民が前居たところのこと考えるなんてばかばかしいだろう。
と自分に言い聞かせた。

けれど、風は彼に有利に吹いた。
彼の支持層と投票を二分すると思われる候補者の活動を停止させ、
彼の支持政党の政治家がはるばる福岡までやってきて
どんどん乗り込んで彼を応援する。
今、体たらくの与党でなく自分らの方がマシと主張したい野党が
彼のことも分からず応援していた。

そして今。
福岡市長選、36歳高島氏の初当選確実(2010年11月14日20時05分 読売新聞)

福岡市長選、自公系・高島氏が当選確実 現職ら7人破る(朝日新聞 2010年11月14日20時0分)

彼は1枚のカードになってしまった。
その行為は自分の応援していたモノを裏切ることだった。

悲しい。ここにこういう形のブログしか書けなくなったことが悲しい。
白い紙に不用意にこぼされた黒いインクがジワジワと広がっている。そんな気持ち。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 02, 2005

今日、個人的にかなりアレだったこと

今日、諸般の事情で先ほどから8チャンを点けていたら、自分の記憶の片隅にある女性が出ていた。

8チャンのHPを見たらあらまあ納得。

ああ、ここでネタにしたことがある方ですね!

#アナウンス技術なら彼女の先輩の方があるかもな・・。お元気ですか?

| | Comments (0)

Jun 12, 2005

ギャラクシー賞に寄せてその1~静岡で福岡のラジオネタを書いてみる~

まず、一つ目はこちら。

◆ラジオ部門 2004年4月1日~2005年3月31日

■優秀賞■
安藤豊 オトナの学校(アール・ケー・ビー毎日放送 2004年5月19日放送)


去年の3月にもこのココログに書いていましたな。この番組。
聞いている限りではうるさくなくてここちいい番組。刺激が欲しい人には物足りない番組。と書いた。

しかし、ラジオの機動力としては裏番組の比じゃない。
裏番組はパーソナリティやリスナーの個々の技量のみで動かしているのに対し、この「安藤豊 オトナの学校」はスタッフ全員が一つになって、今日放送する一つのテーマに向かって番組を作っていく。

のっちが聞いた時にはこんな感じで番組が進行していた。

1、今日の投稿テーマ募集
  ↓
2、それに応じてラジオカーリポーターが投稿テーマにちなんだ場所にて随時生取材
(随時、投稿テーマのお便りを読み上げる)
ちなみに、2004年5月19日放送分は水曜日。水曜日のレギュラーは龍山康朗。ってことは・・・

げー!あのお天気お兄さんの龍山かよ!
最強コンボじゃんか!

実はこのお天気お兄さん。オトナの学校ではキーパーソンになることもあるのだ。
龍山さんが加わることにより、さっきの表に

3、それに応じて龍山康朗が投稿テーマにちなんだ気象・生物ネタを披露

という文字が加わるわけである。

もちろん、この番組を支えるラジオカーリポーターの存在を忘れてはいけない。気になるところの取材ならどこの番組でもやっている。しかし、番組のテーマに沿ってラジオカーリポーターを動かしていたのは自分はRKBの番組しか聞いたことが無い。中でも「オトナの学校」のラジオカーリポーターはよく働く。彼女らに逐次報告を求めるという責任ある役割を与えたことも高評価につながったのかもしれない。

ラジオの1テーママガジンという試みは、RKBの場合、「オトナの学校」の前番組の「坂口卓司 いちばん出し!」や「オトナの学校」以降に放送される「坂口卓司 のラジコミ。」にも見られた。ただし、完成度としては坂口さんには大変申し訳ないのだが、「オトナの学校」の方が上だ。

| | Comments (0)

May 21, 2005

地方アナの使い方~実況編~

今週の火曜から木曜まで、のっちが今年3月まで住んでいた福岡のヤフードームで、

ソフトバンクVS巨人

の試合が行われた。巨人と言ったら全国ブランドですよ、全国ブランド。というわけで一部地域を除いて全国放送。もちろん、プロ野球球団が存在しない静岡でも放送した。

5月17日火曜日 当番 フジテレビ
解説・池田親興
実況・田久保尚英 (福岡・テレビ西日本
リポーター・金村義明 大久保博元
ナビゲーター(?)・石本沙織(フジテレビ) (カッコ内は所属)

この人員配置は何か不吉だと思ったら、見事的中。
田久保アナはキー局の実況の悪しき部分しか学んでいない実況を披露しちゃったし(説明不足とか、不要な部分のしゃべり)、一番まずかったのは

リポーター・金村義明 大久保博元

の配置ですよ。配置。最後近くになったらこの2人のしゃべりで持ってたような気がする。その分田久保アナが押し黙ってしまった。本業を黙らせてどういうつもりなんだよ、元プロ野球選手共よ!!つーか、実況抜きで放送するご英断を下さなかったフジの本心を聴いてみたいな。1視聴者は。

5月19日木曜日 当番 日本テレビ
解説・長池徳士 江川卓 
実況・松井礼明 (福岡・福岡放送
ベンチリポーター・浜崎正樹(福岡・福岡放送)
           (日本テレビからも一人派遣)
途中経過紹介・蛯原哲(日本テレビ)(カッコ内は所属)

火曜の実況中継のようになるのではとびびって居たが、オーソドックスな中身だった。松井アナは淡々と実況し、それを受けて場をわきまえた解説陣が言葉を返していく。浜崎アナも落ち着いた声でベンチリポートを返してくる。ソフトバンクは負けてしまったものの、見てる部分の安心感は火曜日を上回っていた。

そうだ、火曜日のソフトバンクへの勝利インタビューはやっぱりテレビ西日本の男子アナだった。いい格好で本人は映っていたと思っているのかもしれない。テレビから見えたのは、田久保アナ同様に滑稽なピエロにしかすぎなかった。

| | Comments (0)

Apr 21, 2005

レディに年は聞いちゃだめ。

井関さんが秋田放送に再登場して、秋田放送のアナウンサーページがリニューアルされた。

自分が知っている各々のアナウンサーページを見て、おや?と思った。

●佐藤美知子(サトウミチコ) ●平成9年入社 (参考画像 http://www.umewaka.jp/snap/snap-2005117.htmlの真ん中らへん)

1、明らかに平成9年新卒入社に対して、外見上年を食いすぎている。
2、30代以上の中途入社は無いと思われる。(特に女性)

そこで秋田放送へ問い合わせのメールだぁ!
メールフォームに入力する。一部飛ばしたらエラーメッセージが出てくる。
「なーんで、住所、職業を入れなきゃなんないのよ」とぶつぶつ言いながらも入力、送信。
後は反応を待つだけ。

と思いきや、メールが帰ってこない。おかしいなと思って数日後、秋田放送のアナウンサーHPを覗いた。

一部記載事項に誤りがありました。お詫びします。
(2005/4/19)

それでは佐藤美知子アナウンサーのページに飛んでみよう!→GO

(読んで数分後)自分は悪いことをしたんだろうか・・。

| | Comments (2)

Apr 17, 2005

脇田義信さんへ

広島テレビの脇田義信さんが先月、亡くなられました。
のっちにとっては「ズームイン!朝!!」の広島のおじさんでした。

そのプロ野球いれこみ情報でのカープ応援は印象的でした。その中でも、カープが勝った時の
「や~るときゃ、やっとる!」(ぱんぱんぱん)

「視聴者からクレームが来ちゃいまして、『や~るときゃ、やっとる!』をやった次の日のカープの勝率が芳しくないのでやめてくれ」

と言いつつも、一週間もしたらまた「や~るときゃ、やっとる!」をやってましたね。
まさにその言葉がお似合いな方でした。

8月6日になると、いつも脇田さんは「や~るときゃ、やっとる!」を体現するかのように、中継先の平和公園で背広を着て、後輩アナウンサーを稼動させながら、メインリポーターとして式典の中継に臨んでおりました。その当時、ズームインが8時半まで放送できたから、8時15分の原爆投下時の黙祷を含めた中継ができたのでしょう。しかし、それだけではなかったと思います。

「被爆者の一人である私は、死んだらこの被爆者の碑に名前が刻まれます。」

東京だけの情報じゃない、地域の1リポーターとして地域の情報を全国に発信する。そんなズームインキャスターの中でひときわ光を放っていた彼が、自らの経験を通して放った言葉です。実はのっちがその言葉を耳にしたのが、脇田さんの死後でした。

そういう地方アナウンサーにめぐり合わせて頂きありがとうございました。

ズームイン!朝!!ファンだったものとして、脇田さんのご冥福をお祈りします。

| | Comments (5)

秋田での復帰劇。

秋田放送井関裕貴様、井関裕貴様。
7年ぶりの秋田です。お帰りなさい。

1998年の24時間テレビでご一緒させて頂きましたものとして、うれしく思っております。

さーて、秋田の友達にチェック頼もうかいな。

| | Comments (4)

Mar 30, 2005

女の中に武内裕之

のっちはこの人は好きではない。むしろ嫌いだ。何故かと言うと、

明らかにエセお坊ちゃんの雰囲気を漂わす慶応大学卒!
バブル終末期に入った勝ち組フェイスを漂わす嫌味な笑顔!!
「テレビMCなんてカッコいいよね」を見せ付ける勘違い振り!!!

こいつがKBCアナウンス部から消えてくれないかといつも、いつも、いつも、のっちは思い続けていた。
2004年の春に、同期が2人異動しても彼はアナウンス部のコーナーに顔を載せていた。もちろん、あの笑顔。
どうしてこいつだけがまだ生き残っているんだとイライラは頂点に達しかけた。
テレビで無理やりな笑顔を見せ付けるたび、大声を聞くたび、・・・するたび。

転勤の話が出てきた2月、あるラジオで彼がピンチヒッターを勤めることになった。去年の夏もピンチヒッターをつとめた番組。んじゃあ、聞いてみようとラジオを録音設定して仕事場に出た。

月曜日、アニメちゃんと組んだ武内アナ。終始、「おじさん、いやぁ、お兄さんが可愛いアニメちゃんにいいこと教えてあげるからねぇ」的な雰囲気が漂わせていつの間にか終了。

火曜から飛んで飛んで金曜日。今度は徳永玲子と組まされる。彼女にはお兄さん面は通用しない。
「役不足ですがよろしくお願いします」と冒頭で言ったが最後、
「ねぇねぇ、武内さん、『役不足ですが』と謙遜していらっしゃったようですが、『役不足』というのは『自分の与えられた仕事に満足しません』と言う意味ですよ」
と、リスナーと徳永玲子から思う存分いじられていた。

この人、ラジオでもじゅーぶん通用しますよ。はい。

それ以上にKBCとして貴重なのは女性と組んでラジオをやっても武内アナならイケルこと。最近、KBCラジオに女性タレントが登場する機会が増えている。しかし、その中身はというと、中身が見えない女の子の遊びものとしか捉えられなかったり、男性キャストが女性に合わせていったがため、男性の持ち味がぶち壊しになってしまうことも。

のっちは男×男のラジオ番組の方が好きだけど、普通のリスナーだったら女性もアシスタントとして入れなきゃだめでしょう?KBCで男とも女とも組める相手と言えば、そう、武内裕之。おばかなギャルとも人生の酸いも甘いも加味したお姉さまとでも、武内アナとなら安心して聴ける番組になるだろう。

そう、栗田善成さんが引退した時にでも、武内アナがその枠を引き継いで欲しいなと思う。コンセプトは夕方の帰り道のあなたのための社会派番組。もちろん、女性アシスタントも女性リポーターも入り乱れて、まともな番組かと思いきや、エッチなトークも聞こえてくる。そんな番組が聞いてみたいのだが。

とか、他人がどうこう言っても本人はまだテレビのドォーモメインでやりたい!!!と考えているだろう。早いうちに失恋話といった自虐系ネタしかできない男子アナ社会勉強だと言って司会を引導してあげるのも先輩としての路なのかなとのっちはアドバイスしてあげたいんだけど、おせっかいなのかな?

| | Comments (2)

Feb 27, 2005

福岡発全国の朝へ!

のっちは2002年に福岡に来た。
仕事は全然違うが、福岡にも2002年に入った女子アナが居る。
福岡放送若林麻衣子アナ、テレビ西日本高山梨香アナ。

若林アナはお猿さんのような可愛さと元気よさを兼ね備え、高山アナはリカちゃん人形のような可愛さを持っている。

若林アナはレポーターしか見なかったため、ニュース読めるの?と思ったが、今日のニュースでは力みはありながらもはっきりとした声で読み上げた。うん、この人は福岡放送のエースになれるぞ。
で、高山アナ。いくら顔は可愛くても、ニュースがうまく読めない。去年の27時間テレビでかなり中途半端なボケ回答をしてナイナイの岡村へ「泣き落とし攻撃」をする大失態を見せてくれた。いくら福岡の名門学校を出てても、こんな調子じゃ将来は負け組になってしまう。

というわけで、福岡放送さんとテレビ西日本さんにお願いしたいのはこの2人を朝の情報番組の福岡キャスターにしてほしいってこと。若林アナを「ズームイン!!SUPER」の次期キャスターってことは異議無しとしても、高山アナを「めざましテレビ」のキャスターとしてはどうよ?って声があるだろう。のっちがめざましテレビを見ている限りは福岡からの中継は見たことが無い。で、昔見たときはこのおっさんだったはず。たしか、のっちの大学時代からもそうだったな。

そうだ、潮時だぞ。TNC。
スポーツ中継だけで食ってるような、
ニュースも読めなさそうな中年男子アナを外して、
自信喪失で自分を見失ってる女子アナを助けてやれよ。

4月以降にももち浜ストアやピィース!のレポートのノリで伊藤さんと絡む高山アナを見てみたいとのっちは思っている。若林アナの登場はそれ以降でいいや。

(おまけ)
実は「異議無し」の部分を「意義無し」と書いておりました。すまぬ。(2005-02-28 22:36)

| | Comments (2)

Jan 25, 2005

顔の行方

2週間ほど前におすぎとピーコが登場していた全国フジ系女子アナいじり番組があった。

おすぎとピーコがフジテレビの女子アナぐらいしか絡まなかったことも気になったが、それは自前の商品だからどんどんいじってください、文句は言いませんということだけだからここでは深くは取り上げない。
一番気になったのは女子アナが体育テストを受けるシーン。
のっちは「地方局女子アナ大集合」は必須。だって彼女らを見る感覚というのはのっちにとって「各地の名産物」を見るのと同様にまたとないチャンスだったりするわけだから。

「○○テレビの××さーん!」
「□□放送の■さーん!」

と呼び出しを受けるのもフジテレビの女子アナが多いのが気にかかったが、これはフジテレビの番組だもん。その部分は省略。しかし、地方の女子アナの顔を見てぞっとするものを感じた。髪型や顔の質感があまりにも似ていたからだ。

髪は標準以上に赤くし、顔はマシュマロのように粉っぽく。そして目はマスカラをつけてぼかした様に。

体育のテストだからショートでない髪の持ち主はアップにしている。アップのところをさし引いてもほとんど顔が似ていて「教科書でもあるのか?」とさえ感じた。

ちなみにのっちが住んでいるところのテレビ西日本からは津野瀬アナが登場した。彼女はそれとは違っていた。体育前だったのか、それとも年齢のせいなのか、目を強調させないやわらかなメイクで登場してきた。彼女が跳び箱を失敗したと同じくらい目をひいたところでもあった。ほっとした。キレイな後輩を呼んできたら、それこそマシュマロの中に埋没してしまったから。

余談 津野瀬アナは体操系の運動が駄目だと言う(1月20日の日記参照)。のっちとほぼ同じじゃん(おいおい)


| | Comments (2)